介護に関するお悩みは、お気軽にご相談ください 093-982-4856
お問い合わせ・見学お申込み

  • img_main-01.jpg
  • img_main-02.jpg
  • img_main-03.jpg
  • img_main-04.jpg
  • img_main-05.jpg

「第1回デイ自慢コンテスト」で優秀賞を受賞!

2016.05.19
2016.04.29
2016.04.07
2016.04.06
2016.04.05
2016.03.23
2016.03.22
2016.03.17
2016.03.16
2016.03.15
2016.03.14
2016.03.11
2016.03.10
2016.03.09
2016.03.07
2016.03.03
2016.02.29
2016.02.25
2016.02.23
2016.01.21
2016.01.20

がっちり稼いでがっつり楽しむ! 作品紹介

デイサービス鶴亀寿々庵ではレク活動で作成した作品を販売しています。販売した売り上げ全額を使って豪華な「お食事会」を催しています。
普段の昼食では食べる事が出来ない「お寿司」や「ステーキ」などを宅配などで頼むことが楽しみのひとつとなって次回の作品に向かう原動力となっています!

第4回作品

作品 作品

フォトストッカー、メモフォルダ

報酬 報酬

握り寿司

第3回作品

作品 作品

フォトフレーム

報酬 報酬

ステーキのどん

第2回作品

作品 作品

ティッシュボックスケース

報酬 報酬

寿司丼

これまでの作品はこちら

topメディア掲載履歴

デイサービス鶴亀寿々庵は介護専門雑誌などで取り組みが評価されています。記事掲載され注目を集めています!

読売新聞

読売新聞
2014年12月20日(土曜日)

「やる気引き出す介護プログラム」
●小物作って健康と長寿
受注し制作売り上げで豪華ランチ

月刊DAY

月刊DAY
2014年10月号 VOL.178

「ご利用者が互いに認め合え、居心地良く過ごせる活動の工夫をする小規模デイ」

月刊DAY

月刊DAY
2014年8月号 VOL.176

「クラフト制作・販売活動で社会に参加するデイ」

メディア掲載記事一覧はこちら

鶴亀寿々庵はココが違う 鶴亀式介護論のポイント!

鶴亀式介護論1.「退屈なんてしていられない!」アクティブシニアで人生を豊かに楽しむ!新しいことにどんどんチャレンジ!好奇心が若々しさを生み出すポイント。

「退屈なんてしていられない!」アクティブシニアで人生を豊かに楽しむ!新しいことにどんどんチャレンジ!好奇心が若々しさを生み出すポイント。

デイサービス鶴亀寿々庵では年代や性別を超えた新しい楽しみを提案することで「健康的に長生きをする」ことを目標に活動を行っています。
最近流行中の手芸であるエコクラフトやカルトナージュを取り入れたり「Xbox360 Kinect」や「iPadAir」といった最新のセンサー式ゲーム機、タブレット端末を実際に 使って遊び、最先端のデジタル機器に触れる機会を設けたりするなど、新しいことにチャレンジできる環境作りを積極的に行っています。
これにより始めてデイを利用する場合でも「家でじっとしているのはもったいない!」と意欲的に鶴亀寿々庵に来所するようになり生活習慣のリズムが徐々に整っていきます。

鶴亀ポイント

日中、鶴亀寿々庵で楽しく活動的に過ごすことで心地よい疲労感と共に帰宅されます。すると夜しっかりと眠くなり熟睡でき、朝になるとばっちり目覚めるといった生活リズムが整い健康的で意欲的な生活がスタートします。
ご利用者の生活リズムが改善されることで在宅介護をされる家族の介護負担も少しずつ軽減されるようになり、結果として介護者にも気持ちの余裕が生まれ、よりよい在宅介護生活へシフトすることが可能となります。

鶴亀式介護論2.「自分で出来ることをどんどん増やそう!」生活リハビリで自信回復!普段の生活の中でリハビリ動作を意識するだけで十分の効果が期待できます!

日常の生活動作の中で出来ることは出来るようにスタッフが安易に手を貸さずに見守りや声掛けを中心に生活するようにしています。
例えばデイサービス鶴亀寿々庵では昼食の際の準備はご利用者主体で行っています。

「自分で出来ることをどんどん増やそう!」生活リハビリで自信回復!普段の生活の中でリハビリ動作を意識するだけで十分の効果が期待できます!

従来のデイサービスのように昼食の準備の際もテーブルでご利用者が配膳されるのを待ち、出された食事を食べるのと比べて、鶴亀寿々庵ではご自分たちで人数分のお茶を計算し湯飲みを用意し淹れてそれぞれのテーブルに配り、布巾を濡らして絞りテーブルを拭き、自分で食べる食事をキッチンまで歩いて取りに行き、お盆に全てのお皿を間違いないように乗せテーブルまで味噌汁などをこぼさないように注意しながら歩き運ぶ動作を日常の生活に取り入れています。

これは機能訓練の面から見てもお盆のお皿をこぼさないようにバランスを取り、周囲の状況を判断し他の人とぶつからないように注意しながら行うとても高度な歩行訓練を行っている事となります。
個別機能訓練は日常の生活動作をスムーズに行えるように補助する役割です。
日常の生活動作の中で不得意な部分やそのままでは支障を来たすことが想定される場合は個別機能訓練を行い、能力の維持・向上を目指します。
目的を持って行う生活リハビリは日常動作を毎日繰り返し行うことで十分な効果を発揮します。
自宅でひとりではできないことも鶴亀寿々庵では意識的に 「リハビリのチャンス!」と捉え積極的に参加を促し生活リハビリの場を数多く提供しています。

鶴亀ポイント

少しずつ自分で出来ることが増えてくると体力面での不安がなくなり自然と活動的になってきます。
意欲的にレク活動などに参加をできるようになると他者との関わりの中で社会性を養うことになります。
鶴亀寿々庵では遅くても3ヶ月以内に在宅介護をする中で嬉しい変化が現れると考えています。
最初は慣れない生活習慣に戸惑いや反発心が表れることもありますが徐々に良い循環に入りいきいきとした生活を送ることが出来るようなります。

鶴亀式介護論3.若々しさを保つ楽しいレクリエーションと脳トレで能力アップ!新しいことに挑戦することが能力向上・維持に効果的!毎日続けることが成功の秘訣です。

若々しさを保つ楽しいレクリエーションと脳トレで能力アップ!新しいことに挑戦することが能力向上・維持に効果的!毎日続けることが成功の秘訣です。

人間の脳は筋肉と同じで刺激を与えず、意識的に使わないとドンドン衰えていきます。
鶴亀寿々庵では脳力向上・維持の為の様々なプログラムを毎日実施しており、脳に新鮮な刺激を与えられるように工夫しています。
多彩なレクリエーション活動もそのひとつです。

エコクラフトやカルトナージュといった新しいことに挑戦することは脳にとって新鮮で良い刺激がもたらされ脳が活性化されます。また、2種類以上の動作を同時に行う「マルチタスク」での動作が脳のトレーニングとして最適と言われています。
例えば「珠算教室」で行うそろばんを使っての計算などは「マルチタスク」の代表的な動作です。なぜならば、スタッフの読み上げる数字を計算しながらそろばんの珠を弾く2種類の動作を同時に正確に行わなければならないからです。
脳の活性化にとっては様々な動作を行うことで脳を混乱させ、間違ったり上手くできなかったりすることが重要です。
鶴亀寿々庵の活動の様子をご覧になって、もしかしたら「出来ないのではないか?」と心配される方もいらっしゃいますが出来ないことや新しいことにチャレンジするから意味のある脳トレになるのです。
人間の脳は「できないこと」に対応しようとする時に刺激を受けて活性化します。
これまでに長年培ってきた習慣や得意な趣味活動ばかりをデイサービスで行うことも良いですが新しいことに挑戦することが脳トレの観点から言うとより有効的と言うことになります。
また短期的な記憶力を養う魚へんカルタを使った神経衰弱やトランプゲームは楽しいゲーム感覚で参加の出来るレクリエーションです。他者とのコミュニケーションも自然と生まれ脳の活性化にとってよい環境作りが出来ています。

鶴亀ポイント

新しいことに挑戦してみようという好奇心は年齢を重ねても衰えることはありません。
デイサービス鶴亀寿々庵では湧き上がった知的好奇心を満足させる為のレクリエーション活動がとても充実しています。
最初から上手くできるひとはいませんが心配はいりません!
毎日少しずつ参加をすることで能力が向上しスピードや正確性があがっていきます。
生活リハビリで体力面を向上することはとても重要ですが、それと同時に脳のトレーニングを欠かさず行うことが若々しさを保つ為にとても大切です。

鶴亀式介護論4.鶴亀寿々庵の『連絡帳』は重要なコミュニケーションツールデイでの生活がばっちり分かる!カラー写真つきの連絡帳を毎日発行します。

鶴亀寿々庵の『連絡帳』は重要なコミュニケーションツールデイでの生活がばっちり分かる!カラー写真つきの連絡帳を毎日発行します。

毎日記載する介護記録からバイタルなどの基本情報とご家族にぜひ知ってもらいたい情報をピックアップし施設管理者がまとめて記載しています。
表面には「バイタル表」「活動内容」「昼食内容」の写真二枚と一日の鶴亀寿々庵での生活内容が時系列でまとめられています。
ここには排泄の記録などが行われご家族との情報共有に役立っています。
裏面には一日の生活の中で管理者がレクリエーションを行っているときの様子や気になったこと、昼食の摂取量や嚥下の状態、食べ方、食べる速度など気づいた点を記載しています。
また個別レクリエーションでの作業内容や個別機能訓練での身体状況なども日々の記録として記載を行っています。

鶴亀ポイント

写真があることで「美味しそうな昼食ね!」「習字が上手くなったね!」などと自宅での会話のきっかけとなっています。より良い在宅介護を実現させるためにはデイサービスでの活動状況を詳しく知って頂き、ご家族との密な連携が重要だと考えます。
鶴亀寿々庵の『連絡帳』はデイサービスとご家族を繋ぐ重要なコミュニケーションツールになっています。

鶴亀式介護論5.スタッフもご利用者に負けられない!いきいきと働いています!介護以外の資格も重要視。知的レクリエーションの提供に役立っています!

スタッフもご利用者に負けられない!いきいきと働いています!介護以外の資格も重要視。知的レクリエーションの提供に役立っています!

ご利用者だけでなくスタッフも知的好奇心を忘れずに介護サービスを提供することが必要だと考えています。
その為、スタッフの介護関連の資格取得と同様に趣味活動や生涯学習に関わる資格取得も推進しています。
より良い介護サービスを提供する為には介護の技術・経験や知識が豊富であることはもちろんですが一般的な教養も必要だと考えるからです。
これによりご利用者の知的好奇心が満たされる多彩なレクリエーション活動が次々と生み出され、新たな趣味活動の幅を広げるきっかけとなっています。

鶴亀ポイント

良いアイデアは柔軟な発想からしか生まれてきません。鶴亀寿々庵ではこれまでの「介護」という固定概念に囚われること無く新しい介護サービスを提供していきます!
レクリエーション活動により作成した作品をご自宅に持って帰るとご家族からも「わぁ、すごい!」と本当に驚き喜ばれており、次の作品作りのモチベーションとなっています。
他事業所と比較しても決して負けない提案力でご利用者からのリクエストにすぐに答えられるように準備をしています。
例えば「料理をしてみたい」というご利用者に対してはチャレンジメニューとして餃子作りや手作りパン教室、手作りマフィン作りを提案してすでに実践しています。今後もリクエストがあればパソコン教室や日曜大工などにも楽しく挑戦し刺激的なレク活動を増やしています!

代表者からのご挨拶

デイサービス鶴亀寿々庵での活動の基本は「体の健康」と「心の健康」のふたつを健やかに保つ事を重点としたプログラムにあります。
このプログラムひとつひとつが重層的に蓄積されて「人生を楽しむ力」を養うことになります。
「体の健康」とは機能訓練や生活リハビリで適度な運動を行い活動的に過ごして頂く事で徐々に成果が現れます。
デイサービス鶴亀寿々庵小倉沼南での様々なレクリエーション活動や他者と関わる生活の中で「心の健康」が改善され他の利用者に対しても心使いができるようになるなど社会性を取り戻すことができています。
小規模デイサービスの施設内は1日の定員10名で小さな空間ですが立派な社会を形成しています。
お互いに協力し合いながら生活をしていくことが社会性を養うことになり自分の役割や居場所を見つけるきっかけとなっています。
「体の健康」と「心の健康」を健やかに保つ場をより多く提供し、より良い在宅介護を支援することがデイサービス鶴亀寿々庵の使命だと考えています。

デイサービス鶴亀寿々庵 代表取締役 有馬 義之介